ダイビング指導団体(教育機関)の選択肢

海中に潜る際に一般的な海での遊びではなく、深い水深まで潜る方で酸素ボンベを用いる方法ではダイビング指導団体に申し込みを行って、学科試験と実技試験をクリアすることでライセンスの取得を行えます。最初の基本となるライセンスはCカードと呼ばれるものになり、オープンウォーターダイバーが主に該当しています。

このライセンスは自動車免許とは異なり国家試験など公的なものではありませんが、海外で古い時代から各団体で世界基準としている資格になることから、18メートルまでの潜水であればCカードだけでも十分な範囲と考えられます。その上のランクにはアドバンスド・アドベンチュアラーという資格もあり、潜水可能なメートル数は30メートルになることが基本です。

PADIやNAUIとは異なり、SSIの場合は4つのスペシャリティのライセンスを取得しており、尚且つ24回以上の経験を積んでいる方が対象となるので、ダイビングのスペシャリストを目指す方は利用価値の高いライセンスになります。国内には30を超えるダイビング指導団体が各地で運営をしているので、取得を目指す方はどの団体がどのようなライセンスに対応をしているのかを事前に確認することは必須です。

大きく宣伝を行っているものではないので、取得希望者はインターネットから情報を確認することで目的に合ったダイビング指導団体を探すことは難しくはありません。取得するCカードの種類による違いとダイビング指導団体による違いがありますが、費用は2万円程度から10万円程度が掛かることがあるので、付随するサービス等も十分に比較検討することも推奨します。

日数は最も簡単なCカードであれば最短で1日間で取得はでき、通常は2日から3日程度の日数で多くの方が取得をしています。お住いの地域によっては近隣にダイビング指導団体が無いという方は、国内では沖縄などで取得される方も大勢います。沖縄にも複数のライセンスを発行する団体があるので、旅行を兼ねてスクールに通うことでお目当てのCカードを入手可能です。

更に上のランクを目指したいと希望する方は、宿泊施設を確保する必要性はあり、滞在期間を長くすることでレベルの高いライセンス取得に成功することができます。団体によっては宿泊施設を用意していたり、食事の提供も行っている施設もあるので取得を目指す方は団体側が独自に行っているサービスを調べる他、事前学習としてネットから学科についてある程度学んでおくことにより、短期間にてお目当てのライセンスの取得を可能にします。

国内・海外ともに有名な指導団体(教育機関)にはSDI(エスディーアイ)、NAUI(ナウイ)、SSI(エスエスアイ)、BSAC(ビーエスアーシー)、PADI(パディ)、CMAS(クマス)などがあります。現在、日本だけでも30以上のダイビング指導団体(教育機関)があります。国内では、ここ数年、SNSI(エスエヌエスアイ)の人気も上がっています。

SDIは現在ダイバー認定数の伸び率が世界でトップの指導団体です。世界中から最も注目され、とても人気が高い指導団体です。日本国内でも驚異的に認定数を伸ばしています。

オープンウォーターの講習ではダイブコンピューターが必須なので、安心して受講できます。
オンラインのEラーニングにも力を入れていて国内はとても安価に利用できるので、ご旅行の自由時間が増えます。

SDIはライセンス発行において経験を重視しており、経験を積み続けることでダイビングは習慣となり、快適さの増加へ繋がっていくと考えられ、ライセンスの一つである「アドバンス」は他の指導団体は9回のダイビングで取得可能なのに対し、SDIは25回以上の経験が必要となります。このようにSDIのブランドは他の団体よりもグレードが高いと認識されています。

以下のダイビングショップは沖縄でSDIダイビングライセンスを取得するのにおすすめのダイビングショップです。

沖縄ダイビングライセンスはCカードのワールドダイビング

沖縄の一人旅や少人数がメインのプライベートショップ。ダイビングライセンス取得。安心の新型コロナ対策店。女性インストラクター在籍。青の洞窟・ジンベエザメ・万座・水納島・エモンズ(沈没船)でファンダイブ。